あいさんチャンネル

猫のあいさんと柴犬のそらくんの日常や美術館・神社・お寺へのおでかけ、レトロ建築探索、スクイーズやペット用品の紹介など

二次元版!あいさん・そらくん

こんばんは。
キジトラ・あいさんの家来または柴犬・そらくんの婆やのトラミです。

あいさんと出会った頃、自分はまだ学生だったので、あいさんのママというよりはきょうだい的な関係でした。
 

f:id:aisan0515:20190209012015j:plain

(おチビだった頃のあいさん)

そして何故か年を追うごとにあいさんの方が上(兄)、私は下(妹)というポジションになり、最終的にはあいさんにとって私は"家来"という言葉がピッタリな存在になっていました。

そらくんが我が家に来た時は「よし!私もやっとママになれるぞ!」と思っていたのですが、今のところママというよりは"婆や"という扱い…確実になめられています。

"家来"ではなく、"婆や"というのがポイントです。
そらくんからすると私は頼りになる大人ではあるけどカースト的には明らかに下の存在...時々ガミガミうるさいけど、ごはんをくれたり、色々お世話をして甘やかしてくれるおばさんという感じのようです。

同居人のことはちゃんとご主人(パパ)と思っているらしく、叱られるとシュンとしますし、言うこともよく聞きます。
私が叱ると「こんなに可愛い僕に対して、なんなんでしゅか!?」と言わんばかりに反撃して噛んできます。
 

f:id:aisan0515:20190209013022j:plain

(私達と出会う前のもっと小さかった頃のペットショップに貼ってあったそらくんの写真)

目を離した隙にシュシュやメガネなどの私物を咥えて、「取れるもんなら取ってみるでしゅ!」といった感じでクルクルと私の周りを小走りし、「返しなさい!」と取り返そうとすると私の腕を上手にすり抜けて猛ダッシュ
追いかけ合いになりますが、あまりの速さについていけず。
息切れして倒れこむ私を少し離れた距離から「婆や、まだまだでしゅね!」とドヤ顔。

"私物強奪"は同居人にもしますが、「返しなさい!」と言われると猛ダッシュするのをやめ、ジッと立って同居人の顔色を伺っています。
なかなか口から離しませんが、最終的には断念して返しているので、やはり私に対する態度とは違う!
 
だけど可愛いからどんな態度を取られようが、許せちゃうんですけどね。
こういう甘い考えがいけないのかもしれませんが。

さて、前置きがかなり長くなりましたが、本題に入ります。

前々からあいさんのキャラクターは作っていたのですが、今回、そらくんのキャラクターも作ってみました。
 

f:id:aisan0515:20190209012252j:plain


どうでしょうか?

あくまで二次元化したキャラクターですので、似てるかどうかは…お許しください!

ちなみにパソコンで絵を描く時はAdobellustratorを使っています。
ペンタブがうまく使えないのでいつもペジェ曲線で描いています。
できれば手描き感のある線や塗りを出したいのですが、なかなかです。
ペンタブが使えたら手描き感も出しやすいのかな~?

llustratorは昔、職業訓練で習って覚えました。
Webクリエイターの講座だったのですが、イラストレーターや紙媒体のDTPデザイナー出身の生徒が多く、llustratorやPhotoshopは既に使える人ばかり。ついていくのが大変でした。
WebがメインなのでやるのはHTMLCSSが中心でしたし、しかもたった数か月の講座なのでそんなに奥深くは学べません。
ソフトの使い方はサラッと習う程度…結局、自己流で覚えた感じです(←つまり自分で頑張ったのよ!とちょっと言いたかっただけ)。

デザイン自体の勉強はなかったので、いつかデザインやイラストについてしっかり学んでみたいと思いつつ、もう何年も経ってしまっています。

結局、職業訓練で習ったことは現在の職業では活用できてませんが、こうやって趣味として楽しく活かすことができてるので、結果的にはよかったと思っています。
(それと職業訓練の時にAdobe製品を学生料金で安く購入できたのがよかった!ちなみに今の毎月お金のかかるクラウドではなく、パッケージ版の古いバージョンをずっと使っています。新しいバージョンは高過ぎて手が出ません...)

今回は余談?脱線?的な内容が多かったですね。
こんな感じで更新ものんびりぼちぼちですが、また読んでいただけたら嬉しいです。

  • あいさんや同居人、私、トラミについてはこちら
  • そらくんについてはこちら

にほんブログ村 猫ブログへ


 

 

そら模様

昨年のクリスマスイヴに我が家にやって来た柴犬・そらくん


はじめはミックスっぽい姿をしていましたが、最近は少し柴犬らしくなってきました(特に横顔)。

前歯も乳歯から永久歯に生え変わり、おとなへと成長していっています。

 

f:id:aisan0515:20190202224529j:plain

 

そらくんは血統書の毛色は"赤"となってますが、どちらかといえば"胡麻"なのかな?

あとサイズが標準より少し小柄みたいなので、豆柴の可能性が出てきました。

これからいきなり成長して普通サイズの柴犬になるかもしれないし、毛色も黒っぽいのが抜けて完全な赤毛になるかもですが、元気に育ってくれれば、どちらでもいいかなと思っています。

 

日によって、はなかっぱみたいに見える日もあれば、コーギーや子ぎつね、オオカミの子のように見える日もあって、毎日少しずつ違っていておもしろいです。

 

鼻の左横にある小さな白い三角模様はだんだん小さくなってきてるので、成犬になったらなくなるかもしれません。

白い靴下模様は前足の方はまだしっかりとありますが、後足はくるぶしソックスがズレてきたみたいに白い部分か消えてきてるので、こちらもいずれはなくなるかも。

 

そらくんの顎の下には白いハート模様があって、左前足の肉球には桜色のハートに見える模様がありました。

 

f:id:aisan0515:20190202224611j:plain

 

上の写真は今から1ヶ月半くらい前のもので、肉球のハート模様は今はもうすっかりなくなっています。

顎の下の白いハート模様はそのままです。

つぶらな瞳や黒と桜色が混じった爪もそのままで、そらくんのチャームポイントになっています。

つぶらな瞳はそのままですが、しょぼしょぼとした感じはなくなって、しっかりしてきたように思えます。)

 

犬の成長はあっという間。

この記事から1ヶ月後にはもっと大きくなって、毛色や模様も今とはすっかり変わってるかもしれません。

これからもそらくんの日々の成長を見守っていきたいです。

 

f:id:aisan0515:20190202224646j:plain

 


 

 

あいさん と そらくん

 

f:id:aisan0515:20190123144004j:plain

 

キジトラのあいさんの家来、そして柴犬のそらくんの婆やのトラミです。

 

寒い日が続きますが、みなさん、いかがお過ごしですか?

 

そらくんが我が家へやって来て早いもので1ヶ月が経ちました。

 

仕事から帰ってきて「ただいま」とドアを開ると、小さなしっぽを全力でブンブン振ってお出迎えしてくれるそらくん。

 

家へ帰るとそらくんがいることに全くと言っていいほど違和感がなく、当たり前のようにしっくりと日常に溶け混んでいます。

もうずっと前から家族だったような不思議な感覚。

やっぱり何か縁があったんだなと思わずにはいられないです。

 

そらくんがやって来たのは、あいさんが亡くなってまだ5ヶ月足らずの昨年のクリマスイヴー。

 

周りの人達にはもうペットは懲り懲りだと散々言ってきました。

あいさんを亡くしたことで、なかなか立ち直ることができないとも。

 

それなのに突然、そらくんを家族に迎え入れたわけです。

 

しかも"もしまたペットを飼うことがあるなら、絶対、保護猫か保護犬"と言っていたのにも関わらず、わざわざペットショップからですから...言ってることとやってることが違い過ぎて、困惑する人もいました。

 

長年一緒に過ごした家族同然のペットを亡くして間もないというのに、早速、新しいペットを飼い出すなんて切り替え早いなと思われても仕方がないのかもしれません。

 

適切な例えではないかもしれませんが、長く連れ添った妻を亡くしてすぐに若い後妻さんを迎えたような(それだって別に悪いことではないのだろうけど)...妙な罪悪感がどうしても付きまといます。

 

あいさんは心の広い人...ではなく、猫だったので、

「あぁー、よかったニャン。もうこれで兄貴も家来もメソメソしなくていいニャンね。そらくん、よろしくニャン!」

なんて虹の橋から見守ってくれてるとは思いますが。

 

あいさんを亡くした心の隙間を埋めてくれているそらくんですが、だけどやっぱりそう簡単に気持ちの整理は出来るものではありません。

スイッチみたいに切り替えることなんてできないのです。

 

私の腕の中であいさんが息を引き取った瞬間...あの感覚はいつまでも消えることはないと思います。

 

そらくんと遊びながら、そらくんと一緒に眠りながら、あいさんもここにいたら〜といつも思います。

 

元気に駆け回るそらくんを見て、あいさんも子猫の時は元気に走り回って、カーテンによじ登ったりしてイタズラもしてたな〜とふと思い出し、つい涙ぐんでしまうこともあります。

 

あいさんは最期まで懸命に生き、天寿をまっとうしたのだから、いつまでもズルズルと引きずっていてはダメなのですが。

 

当たり前ですが、あいさんはあいさん、そらくんはそらくん。

代わりになるものなどあるはずもなく、どちらもかけがえのない大切な家族です。

 

あいさんとの楽しい思い出を胸に、そらくんとの楽しい思い出を未来に...歩んで行こうー

 

寒さが落ち着いて暖かくなったら、そらくんを連れてあいさんのお墓詣りに行きたいと思います。

 

  • あいさんや私、トラミや兄貴についてはこちら
  • そらくんについてはこちら

にほんブログ村 猫ブログへ

「あいさんチャンネル」について

新しい家族

あいさんチャンネルをご覧いただき、ありがとうございます。

あいさんの家来、トラミです。

 

突然ですが、平成最後のクリスマスイヴに新しい家族が増えました。

柴犬の男の子・そらくんです。

 

f:id:aisan0515:20181229192448j:plain

 

クリスマスイヴの2週間前ー
買い物ついでにふと立ち寄ったペットショップで気になる柴犬の男の子がいました。

 

しょぼしょぼとしたつぶらな瞳。鼻の上にある白い小さな三角模様、白い靴下を履いてるかのような足の模様。黒と桜色が混じった爪。

 

出身は岡山県。誕生日は9月8日頃とあり、もうすぐ4ヶ月。
ペットを飼う時、月齢が低い方が好まれると聞きます。
この柴犬は既に成長している方に入るのでしょう。

 

柴犬のいるショーウィンドウには"20%オフ"とデカデカと書かれた札が貼られていました。

 

その柴犬が気になりつつも店を立ち去ろうとしたその時...

 

店の中から店員のお姉さんが飛び出して来ました。

 

「抱っこされますか!?」

 

ハツラツとした元気なお姉さん。

 

そのパワーに圧倒されて...

 

「あっ、はい...ちょっとだけなら」

 

私の答えにダッシュでショーウィンドウから柴犬を出し、手渡してくれました。

 

私に抱っこされた途端、小さなしっぽをブンブン振りながらペロペロと私の口の周りを舐めてきます。

 

うちに連れて帰りたいな〜、この子の家族になれたらな〜という思いがふと沸き起こりました。

 

だけどたまたま気まぐれで立ち寄ったペットショップ。

まるで衝動買いでもするような感覚で決めることはできません。

 

「今、キャンペーンで20%オフなんです!」

 

そう言うお姉さんに「今すぐにはちょっと...家族と相談してから...」と言葉を濁し、話の流れに合わせて「そのキャンペーンはいつまでなんですか?」と聞きつつ、柴犬をお姉さんに返しました。

 

「17日の月曜日までです!ぜひご家族の方とご相談してみてください!」

 

私の腕から離れる瞬間、悲し気な目をした柴犬に胸を締め付けられそうになりました。

 

f:id:aisan0515:20181229192528j:plain

 

店を出てすぐに同居人へLINEをしました。

 

"ペットショップにすごく可愛い柴犬がいた!何かすごい縁を感じる子だった!うちで飼うのは無理かな?"

 

同居人とはキャンペーン期間中に一度見に行ってみようという話になりましたが、私の体調不良が続いたため、叶いませんでした。

 

クリスマスイヴの前日...ペットショップの近くまで同居人と買い物に来たので、あの柴犬がまだいるか見に行ってみようということになりました。

 

先々週はキャンペーンがあったし、今日は3連休半ば...

大勢訪れたであろうお客さんの中からいい家族に巡り会えて、きっともういないだろと半ば諦めていました。

 

店内へ入ると前と同じショーウィンドウの中に少し大きくなったあの柴犬がいました。

前回より少し元気がないように見え、どこか寂しげな表情をしています。

同居人がほかの一ヶ月若い柴犬の女の子を指差し、

 

「なんか元気なさそうやし、上の女の子の毛艶の方がいいで」

 

「うん、でも...抱っこだけしてもらわへん?」

 

同居人にも一度、柴犬を抱っこしてどう感じるか確認して欲しいという思いで言いました。

 

「いや、眠そうやし、可哀想やからやめとくよ」

 

そんな会話をしていた時、この間のお姉さんが私に気付いて、慌てて柴犬を抱っこして持って来てくれました。

 

私が抱きしめるとまた小さなしっぽをブンブン振って口の周りを舐めてきました。

 

そのまま柴犬を同居人に手渡すとより大きくしっぽを振りはじめ、私にしたように口の周りを舐めはじめました。だんだん表情が緩まっていく同居人。

 

しばらく悩んだ末、同居人の「うちに来るか?」という一言で、案外すんなりと話が進みました。

 

あいさんが亡くなってまだ5ヶ月足らず...

昔から柴犬に憧れはあったものの、必ず訪れる別れを思うともうペットは懲り懲りと思っていました。
他にも様々な理由で今の私には新しい家族を迎え入れることは難しいだろうと思っていました。

 

もしいつの日か新しい家族を迎え入れることになってもあいさんが亡くなって間もない今は考えられない、ずっとずっと先の話になるだろう。

 

そもそもペットショップやブリーダーからペットを"買う"という発想があまりなかったので、自分自身、まさかの展開にビックリです。

 

今すぐにでも連れて帰りたい!

 

そんな気持ちもありましたが、快適に過ごせる環境をできるだけ用意しておきたいという話になり、今日はゲージなど色んな準備をして、お迎えは翌日の夕方にということになりました。

 

そして翌日のクリスマスイヴー

柴犬のそらくんは我が家の一員となりました。

 

f:id:aisan0515:20181229192618j:plain

 

"そら"という名前は長い期間、室内ばかりで外の世界を知らなかっただろうから、ぜひこの子に色んな空を見せてあげたい!という同居人の思いから、命名しました。

 

新しい家族となったそらくんの様子はこちらやTwitterInstagramでお届けしていきますので、ぜひよろしくお願いします。

YouTubeについては現在検討中です。)

 

※あいさんや私、同居人のプロフィールについてはこちらでご確認ください。

 

長くなってしまいましたが、2018年もあと2日。

皆さま、よいお年をお迎えください。


 

 

長寿猫で表彰!ひらかた動物霊園へお墓参り!Long life cat award! and Visit to a grave of a cat!

 

 

2018年9月22日に大阪市中央公会堂で開催された「大阪動物愛護フェスティバル2018」で、長寿動物として、あいさんが表彰されました。
昨年に続き、今回で2回目の表彰となります。

 

・昨年の長寿動物表彰式の様子はこちら
https://youtu.be/dAyJmBlF5lQ

 

表彰時には既に虹の橋へと旅立っていましたが、

長寿動物の対象となるのがあいさんの亡くなる前日までとなっていたので、表彰していただくことができました。

 

毎年秋に開催される「大阪動物愛護フェスティバル」では、一般家庭の長寿のワンちゃん、ネコちゃんと動物園の長寿動物への表彰が行われています。

 

一般家庭のワンちゃん、ネコちゃんの長寿対象は・・・

・大型犬 14歳以上
・小・中型犬 16歳以上
・猫 18歳以上

*表彰を受けるには事前にかかりつけの動物病院経由での申し込みが必要です。

(かかりつけの動物病院で、6月~7月くらいに申し込みの案内が貼り紙で出ていました。)

 

表彰では表彰状と写真入りマグカップが贈呈されます。

 

今回、表彰されたワンちゃん、ネコちゃんは266匹。

 

その中で最高齢は・・・

・大型犬 18歳
・小・中型犬 19歳
・猫 24歳

でした。

 

ワンちゃんやネコちゃんの他にも・・・

[特別表彰]
アジアゾウ ラニー博子ちゃん(大阪市天王寺動物園):48歳 2018年1月25日永眠
・コモンウォンバット ワンダーちゃん(池田市五月山動物園):29歳 2017年11月27日永眠

[長寿表彰]
・コンドル ウォーレスちゃん(大阪市天王寺動物園):40歳
・コモンウォンバット ワインちゃん(池田市五月山動物園):29歳

が表彰されていました。

 

長寿動物表彰の他に「大阪市天王寺動物園」の牧慎一郎園長の講演会もあり、動物園についての貴重なお話を伺うことができました。

 

動物愛護フェスティバル(大阪府獣医師会):
http://www.osakafuju.or.jp/festival/index.html

 

翌日、長寿動物表彰式の報告をしに、あいさんの遺骨の一部が合同埋葬されている「ひらかた動物霊園」へお墓詣りに行きました。

 

「ひらかた動物霊園」は大阪府枚方市穂谷にあり、イオンのペット葬と提携しています。
イオンのペット葬と提携できるのは50の品質基準をクリアしている動物霊園に限ります。
24時間 365日、電話での問い合わせが可能で、葬儀・火葬の際も「ひらかた動物霊園」でお世話になり、大変よくしていただきました。

 

ひらかた動物霊園:
https://www.doubutureien.com
(アクセス)
https://www.doubutureien.com/guide01/#access
(料金一覧)
https://www.doubutureien.com/price01/

 

イオンのペット葬:
https://www.aeonlife-petsou.jp
(ペットが亡くなったら)
https://www.aeonlife-petsou.jp/knowledge/passaway/
(50の品質基準)
https://www.aeonlife-petsou.jp/introduction/
(御香料として最大5,000円進呈)
https://www.aeonlife-petsou.jp/gokoryo/

 

昨年、利用者に何の案内もなく、突然閉鎖をし、墓も遺品も荒らされた状態になっていた近くの某動物霊園に眠るペットたちも「ひらかた動物霊園」の善意で供養塔が建てられ、大切に供養塔されています。

 

ペット霊園が突然、更地になっていた!地主に無断で霊園にして経営者が失踪(J-CASTニュース):
https://www.j-cast.com/tv/2017/04/25296449.html

 

ペット霊園「宝塔」からのご遺骨受け入れについて(ひらかた動霊園):
https://goo.gl/jz7AAd

 

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ

 

【祝・50本目】サムネイル集! 50th video: Thumbnail collection

 

 

YouTubeチャンネルを開設して1年9ヶ月…

今回の動画でやっと50本目を迎えることができました。

50本目を記念して、今までの動画のサムネイルを一挙大公開!!

これからも「あいさんチャンネル」をよろしくお願いします。

 

今までの動画はこちらにまとめています。
https://goo.gl/1JiyUy

にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ